読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

閑散ハウス

アニメや漫画などをひっそりと紹介します。

日曜のイオンに1人で「劇場版アイカツスターズ!」を観に行ったレポ的な 1

女児アニメファンの皆さんこんにちは。

そうでない皆さんもこんにちは。

かんさんです。

 

突然ですが僕は女児アニメが大好きです。

現在『アイカツスターズ! 』『 プリパラ』『 魔法つかいプリキュア!』を観ています。

 

どれもいいですよね。

基本一話完結でわりと王道でそこそこ面白く、深夜アニメと違って1年もしくはそれ以上放送してくれるという魅力は語り尽くせないほどありますが、

今回はそういう話ではなく、いい歳をして女児アニメが好きな、いわゆる大きなお友達が必ずぶつかる壁の話をしようと思います。

 

それは

劇場アニメ化

です。

 

大勢の親子連れが観に来るであろう劇場に行くのは恥ずかしくありませんか?

 

僕は恥ずかしいです。

何も感じない人は駅前で公開オナニーでもしててください。

 

観客のほとんどが親子連れの劇場に大学生である自分が足を踏み入れることにとてもアウェー感があります。

想像するだけでキツイですね。

「ねー、あのお兄ちゃんなんでオトナなのに1人でアイカツみてるのー?」

 って声が聞こえてきそうです。

最初から諦めて円盤発売を待つ大友も多いのではないでしょうか?

 

そんな「女児アニメの映画を大人1人で観に行く」を今日、実践してみました!

 

しかも!

日曜日の!!

イオンの!!!

真っ昼間に!!!!

なぜこうもハードルの高い場所へ行ったかというと、バイト帰りで近かったからです。それだけ。

 

さあ今回、何の女児アニメ映画を観たかというと、

『 劇場版アイカツスターズ!


f:id:kansan666:20160814163519j:image

 

 8月13日に公開されたばかりの映画ですね。

僕は公開2日目に行きました。

 

女児アニメ映画を見るのにまず最初に乗り越えなければならない壁は

チケット購入

です。

最近ではネット予約で購入や券売機が導入されている映画館も多いのでその壁にぶつからずに済む人は多いかもしれません。

しかし僕はネット予約購入に必要なクレジットカードを持っておらず、行く予定の映画館には券売機が導入されていないのです!

 

つまりチケット売り場のお兄さんお姉さんに「〇時の回のアイカツスターズ!でお願いします!」

って言わなければならないのです。

 

最初の壁、チケット売り場へ、いざ!

 

チケット売り場のお兄さん「いらっしゃいませ!」

僕「アッアノッ、アイカツゴニョゴニョ……」

お兄さん「申し訳ございません、もう一度お願いします」

僕「アッアイカツスターズ!お願いします!」

お兄さん「えっアイカツスターズ!ですか!?」

僕「シン・ゴジラお願いします」

 

 

 

というやりとりは一切なく、まさかの券売機が導入されていたというオチでした!

しばらく行かない間にこのイオンも文明の利器を手に入れていたようです。

大友に対する優しさに涙が出ますね。

 

劇場版アイカツスターズ!12時30分の回左端後ろの席!大学生1枚!1500円を投入!

その一連の動作に全く迷いはありませんでした。

 

そして劇場版アイカツスターズ!のチケットを手に入れることができたのです。



f:id:kansan666:20160814174417j:image

僕が幼女ならこんな表情をしていたでしょう。


f:id:kansan666:20160814174555j:image

最初の壁を乗りこえて得意げです。

壁なんかなかったのにね。

 

続いて第2の壁

特典の受け取り

シアターの入り口で特典お渡しのために立つスタッフさんに

「えっなにこいつ、大人1人で?えっこいつにも特典渡さなきゃいけないの?えっ?大人なのに?えっ?」

と思われることでしょう。その顔を想像するだけで震えが止まりません。

まずちゃんと貰えるのでしょうか?

お子様オンリーとかないよね?


f:id:kansan666:20160814180336j:image

NEW GAME!のような優しい世界を期待してるよ。

 

 

 

 

普通にもらえました。


f:id:kansan666:20160814180419j:image

 

もしかしたらスタッフさんから見て僕は幼女に見えたのでしょうか。

 

 

とにかく第2の壁も乗りこえることができました。

ちなみに特典もらったとき僕が幼女ならこんな表情をしていたでしょう。


f:id:kansan666:20160814181624j:image

 

そして最後の壁

シアターに入ること

シアターには大勢の親子連れがいると予想されます。

その中で1人で成人男性が入ることそのものがギルティというかもういたたまれない気持ちになること間違いなしです。

 

できるだけ彼女たちの視界に入らないようにしたい、そう思い一番後ろの端の席を選んだのですが

 

まさかの入り口が前からでした。

 

つまり自分の席に着くには大勢の親子連れの視線に晒されることになります。

 

しかしここで怖気づいては大友の名折れ。

勇気を振り絞りシアターへ入場。

予想通りほとんどの客が親子連れ、それも劇場の半分以上を埋めるほどの大勢。

 

自意識過剰かもしれないが自分に対してどんな悪感情を持っているかわからない視線に泣きそうになります。

 

このとき僕が幼女ならこんな表情をしていたでしょう。

 
f:id:kansan666:20160814183255j:image

退く事は許されない。

歩みを止めることは許されない。

僕は一歩一歩奥へ進む。

そしてついに自分の席に辿り着くことができました!

シートに腰を下ろし、周りを見渡す。

一番後ろの端っこ、誰の視線にも入らない最高の席じゃないか!!

心の中で高らかに笑いました。

最高に落ち着く席で映画を見ることができる。

このとき僕が幼女ならこんな表情をしていたでしょう。

 
f:id:kansan666:20160814184210j:image

最後の壁を乗りこえ、満悦の表情。

 

しかし次の瞬間、アクシデントが

幼女2人と母親と思われる女性が隣に座ってきたのです。

 

そういえば席を選ぶとき、一番後ろの端を選ぶことに気がそれていたためか、隣が空いているかを確かめることを失念していたのです。

これは気まずさMAXです。

僕が幼女ならこんな表情をしていたでしょう。


f:id:kansan666:20160814184556j:image

左から僕、幼女、母親、幼女

という順番でした。

 

だがしかし全ての壁を乗りこえた僕は自分は幼女なんだと自分に言い聞かせることによってこのプレッシャーを克服したのです。

 

アタチハオンナノコダイスキナアイカツスターズヲミニキタノ。

 
f:id:kansan666:20160814185514j:image

 

映画本編については次回に続きます。

 

 

 

漫画紹介1「微熱空間」

どうも、かんさんです。

僕の好きな作品をみんなに知って欲しいなと思い、意を決して開設したブログ「閑散ハウス」です。

このブログでは僕の気に入った漫画やアニメなどの作品紹介をひっそりとやっていこうと思います。

あくまでも「紹介」であり「批評」ではないのでご注意を。ネガキャンは一切しません。


では記念すべき第一発目の作品紹介と行きましょうか!

蒼樹うめ先生作「微熱空間」です!微熱空間 1 (楽園コミックス)

微熱空間 1 (楽園コミックス)

ひだまりスケッチ」「魔法少女まどか☆マギカ」で有名な蒼樹うめ先生の新作です。

白泉社の「楽園(ル・パラディ)」という雑誌に掲載されています。
この雑誌のことは「微熱空間」で初めて知りました。

ではまず表紙を見てください。

もうオーラが半端ないですよね!

かくいう僕も完全に表紙買いでした。

表紙を見て気に入ったあなたは購入ページへGO!

まだこれだけでは買う気になれないあなたには中身をチラ見せ


f:id:kansan666:20160725032955j:image

開いてすぐにこの作品の主人公、「中ノ瀬亜麻音(なかのせあまね)」の湯上り姿がカラーページで載っています。

いいですよね!!

この他にもカラーイラストが数点あります。

蒼樹うめ先生の!イラストが!カラーで!
これで本体880円+税!!安い!

しかもカバーを外すと湯上り亜麻音ちゃんの違った表情が見られます。
カバー下のおまけ、いいですよね。
漫画を買ったら必ずカバーを外して確認しちゃいます。

気になった方は是非買って確かめてみましょう!

まだこれでは絵の魅力しか伝えられていませんね。
では次から画像を挟みながら内容に触れていきましょう。

これからは若干のネタバレを含むので、気にする方は購入ページへ行ってポチってください!!表紙買いでも後悔はさせません!!!

ネタバレ注意!(ネタバレ度:軽)

ではまず軽くあらすじ

父親とふたり暮らしの女子高生、中ノ瀬亜麻音はある日突然、父親から再婚すると告げられます。しかも相手はバツイチで亜麻音より少し年下の男の子がいると知らされます。

高校生といえば多感なお年頃。突然親が再婚なんて戸惑うでしょう。ましてや連れ子がいるなんて。

ですが亜麻音ちゃんは落ち着いた様子。むしろ弟ができることを喜んでいました。

しかしいざ対面するとかわいい弟とは程遠い、誕生日が3日違うだけの同い年だったのです!

そう、表紙の彼「赤瀬川直耶(あかせがわなおや)」です。

いきなり異性の姉弟ができた彼らは接し方に迷います。
まあ仕方ないですよね。

お互いの距離感つかめない彼らは最初、「中ノ瀬さん」「赤瀬川くん」と苗字呼びをしています。
子供にとっても都合がいいからと、結婚しても苗字は変えなかったそうです。

このままではいけないと思ったのか亜麻音のお父さんに「直耶と話してこい」と言われ、亜麻音は直耶の部屋を訪れ提案します。

f:id:kansan666:20160725041505j:image
確かに呼び方は少なからずぶち当たる問題です。
でも3日だけ年下の弟にこの提案……。

直耶は御機嫌取りも兼ねてとりあえず呼んでみることに。

f:id:kansan666:20160725042902j:image

お姉ちゃん呼びに憧れがあったからか、結構嬉しそうです。かわいい。

「微熱空間」はこうして少しずつ近づこうとする姉と弟の姿をもどかしくそして甘酸っぱく描かれています。

でもこんなのよくある設定じゃない?

そうですね。ぶっちゃけ親の再婚で姉弟になるって作品なんてくさるほどあるでしょう。珍しくともなんともないです。

では似た設定の作品と差別化する要素となる登場人物を紹介しましょう。

f:id:kansan666:20160725043936j:image
亜麻音の親友、「九条郁乃(くじょういくの)」です。
亜麻音に同い年の弟ができたと知り、心配になった郁乃はその弟に会いに亜麻音の家を訪れることになります。
直耶と対面した郁乃は直耶自身に特に不満はない様子。
しかし郁乃は直耶が「弟」ではなく「男」であることを気にかけます。

そして帰り際、直耶に見せつけるようにー

f:id:kansan666:20160725045019j:image

突然の百合要素

亜麻音は友達同士のお遊び程度の認識でしたが、郁乃は亜麻音に対し友達以上の想いを寄せているようです。
数ありそうな義姉弟作品でも百合要素を交えてくる作品はそうそう無いでしょう(知らないだけ)。

これも好きな人にとっては好きなこの作品の大事な要素であり魅力となります。

少し変わった三角関係ですがそんなにドロドロせず、ほっこりたまにきゅんとくる話が多いです。今のところ。

また、
亜麻音が姉弟として距離を縮めようとする一方、亜麻音を「女」としてみてしまうような直耶の描写が見られます。

これから亜麻音、直耶、郁乃の3人の関係がどう変わっていくのか、見ものです。

もう少し内容について語りたいところですが、最後に僕がこの作品の1番の魅力であると感じている「亜麻音ちゃんの照れ顔」をちょっと見てもらいたいです。

f:id:kansan666:20160725053424j:image

f:id:kansan666:20160725053435j:image

f:id:kansan666:20160725050659j:image

f:id:kansan666:20160725050709j:image

照れてる女の子っていいですよね!!

さっすがうめてんてー!最高だせ!!

ってことでまだ語りたいことはありますが今回はこの辺で止めておきましょう。
これで「微熱空間」の魅力が伝わったか自信はないですが、是非もっとたくさんの人に読んでもらいたいなと思っています。

拙い文章でしたが最後まで読んでいただきありがとうございます!